建設業許可:石工事業について ~名古屋の行政書士法人が解説~

建設工事の種類(建設業許可上の名前)及び略号

石工事業については、「石工事」という建設工事の種類に分類され、手続き上は「(石)」と表記されます。

 

建設工事の内容(国土交通省告示第1193号 ※平成26年12月25日)

【石工事】の内容は、石材(石材に類似のコンクリートブロック及び擬石を含む。)の加工又は積方により工作物を築造し、または工作物に石材を取り付ける工事です。

 

建設工事の例示(国土建第170号 ※平成26年12月25日)

【石工事】の例示として、石積み(張り)工事、コンクリートブロック積み(張り)工事が挙げられます。

 

類似した建設工事の区分の考え方について(※手引き抜粋)

『とび・土工・コンクリート工事』における「コンクリートブロック据付け工事」並びに『石工事』及び『タイル・れんが・ブロツク工事』における「コンクリートブロック積み(張り)工事」間の区分の考え方は以下のとおりです。

 

根固めブロック、消波ブロックの据付け等土木工事において規模の大きいコンクリートブロックの据付けを行う工事、プレキャストコンクリートの柱、梁等の部材の設置工事等が『とび・土工・コンクリート工事』における「コンクリートブロック据付け工事」です。

 

建築物の内外装として擬石等をはり付ける工事や法面処理、又は擁壁としてコンクリートブロックを積み、又ははり付ける工事等が『石工事』における「コンクリートブロック積み(張り)工事」です。

 

コンクリートブロックにより建築物を建設する工事等が『タイル・れんが・ブロツク工事』における「コンクリートブロック積み(張り)工事」であり、エクステリア工事としてこれを行う場合を含みます。

 

「専任技術者」の要件(イ)に関する所定学科

一般建設業許可において、技術者資格免許を保有せず、かつ、10年以上の実務経験を有していなくても、次の所定学科を卒業していれば、学校教育法による高等学校若しくは中等教育学校卒業後5年以上、大学若しくは高等専門学校卒業後3年以上の実務経験にて、専任技術者の要件を満たすことが可能となります。

 

【所定学科】

土木工学(農業土木、鉱山土木、森林土木、砂防、治山、緑地又は造園に関する学科を含む。)又は建築学に関する学科

 

石工事における「専任技術者」の要件を満たすことができる資格

・一級土木施工管理技士

・二級土木施工管理技士(種別:土木)

・一級建築施工管理技士

・二級建築施工管理技士(種別:仕上げ)・(職業能力開発促進法「技能検定」※等級区分が2級の場合は要実務経験)ブロック建築・ブロック建築工・コンクリート積みブロック施工(※コンクリート積みブロック施工は級がなく、合格後の実務経験は不要)、石工・石材施工・石積み

 

※「特定」建設業許可では、赤字のみが要件を満たすことができます。

 

建設業許可に関するお問い合わせ~名古屋の行政書士法人エベレスト~

 

【お問い合わせはこちらから】 ※夜間及び休日は携帯電話へ転送されます。

 

052-212-8848

 

 

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る