■HOME■基本知識集(各種許認可)>「特殊車両通行許可」基本知識

特殊車両通行許可制度の基本知識

コンテンツメニュー

このページでは、行政書士業務の中でもニーズの多い「特殊車両通行許可制度」に関する基本知識を紹介していきたいと思います。

 

・車両制限令とは ~車両制限令全文~

 

まずはじめに…

 

 

特殊車両通行許可制度とは?

道路は、ある一定の規格の車両が安全に通行できるように設計されているため、規格外の車両については、道路を通行していはいけないことになっています(道路法第47条第2項)。しかしながら、社会活動・経済活動のことを考えると、大きな車を走らせたいというニーズが存在し、これらの車両をまったく通行できないとすると、「公共の福祉の増進」という道路法の目的自体に反することにもなりかねません。

そこで、車両の構造又は車両に積載する貨物の特殊性を審査し、必要上やむを得ないと道路管理者が認める場合に限って、道路の構造を保全し、又は交通の危険を防止するために必要な条件(徐行や誘導車の配置、通行時間の指定など)を付して、最高限度を超える車両の通行を許可することができるとした制度になります(道路法第47条の2第1項)。


許可が必要となる「特殊な車両」とは?

一般的制限値

「特殊は車両」とは、車両の構造が特殊である車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、幅、長さ、高さ及び総重量のいずれかの一般的制限値を超えたり、橋、高架の道路、トンネル等で総重量、高さのいずれかの制限値を超える車両をいいます(道路法第47条の2)。

 

<車両制限令第3条で定める一般的制限値(最高限度)>

◆幅        2.5メートル

◆長さ      12.0メートル

◆高さ       3.8メートル(但し、高さ指定道路は4.1メートル)

◆重さ 総重量  20.0トン(※トレ―ラ連結車の特例あり

        (但し、高速自動車国道、重さ指定道路は軸距、長さに応じ最大25.0トン)

    軸重   10.0トン

    隣接軸距 ○隣り合う車軸の軸距が1.8メートル未満   18.0トン

        (但し、隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上、かつ隣り合う車軸の軸重が         いずれも9.5トン以下のときは19トン)

         ○隣り合う車軸の軸居が1.8メートル以上   20.0トン

    輪荷重   5.0トン

◆最小回転半径  12.0メートル


※トレーラ連結車の特例とは?

トレーラ連結車については、次のとおり総重量と長さについて特例があります。

※平成8年3月29日付け通達「バン型等の連結車に係る特殊車両の通行許可の取扱いについて」で追加された3車種(あおり型・スタンション型・船底型)については、トレーラ連結車の特例は適用されませんので、注意が必要です。


◆総重量

セミトレーラ連結車及びフルトレーラ連結車のうち、特例5車種(バン型・コンテナ用・タンク型・幌枠型・自動車運搬用)については、最遠軸距(車両の最前軸と最後軸との軸間距離)に応じ、次の通りとなっています。

・高速自動車国道を通行するもの … 最大36t

・その他の道路を通行するもの  … 最大27t


◆長さ

高速自動車国道を通行するセミトレーラ連結車及びフルトレーラ連結車で、その積載する貨物が被けん引車の車体の前方又は後方にはみ出していないものについては、次の通りとなっています。

・セミトレーラ連結車 … 16.5メートル

・フルトレーラ連結車 …   18メートル


さて特殊車両通行許可制度の概要を説明したところで、次ページからは基本用語について紹介させて頂きます。

⇒『最新車両制限令実務の手引 第4次改訂版』発行:株式会社ぎょうせい、編集:道路交通管理研究会 p467~p482 から一部抜粋


■HOME■基本知識集(各種許認可)>「特殊車両通行許可」基本知識

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る