■HOME■サービス内容と料金>契約書の添削

契約書添削サービス

御社の「法務部」を担います!契約書の添削は行政書士へお任せ!

「契約書なんて作ったことないよ…法務部がいたらなぁ…」という方へ

このようなお悩みはございませんか?

 

☑ インターネットで検索して、ひな形通りに契約書を作成したけど、間違っていないか不安

☑ 複写印刷で契約書を作ろうと思っているけど、本当にこれでいいのだろうか…できれば印刷する前にもう一度専門家のチェックが欲しい

☑ 取引先から契約書をもらったけど、不利な契約を締結されないかチェックして欲しい

☑ ずっと前に作った契約書をそのまま使い続けている。経営状況の変化等で見直しを図りたい

☑ 社内に法務部門がないのため、取引でたびたび生じる契約書のチェックに不安がある。弁護士さんも敷居が高い。チェックだけでも安く顧問契約を締結できれば…

☑ 「反社会的勢力」に関する防止条項を入れたい。記載方法を教えて欲しい。

 

 

「契約書の添削サービス」の具体的な内容について

(1)誤字脱字衍字がないか、文章の形式的なチェックを行います。

(2)必ず定めなくてはならない有効にならない契約条項(絶対的記載事項)について、漏れがないかチェックを行います。

(3)お伺いした契約書(合意書、覚書含む)の作成目的等を含め、全体的に解釈があいまいな点がないか、公序良俗に反する内容が含まれていないかなど、『取引に関係のない第三者として客観的な意見』を付させていただきます。

※イメージとしては、『法務部に問題ないか確認しておこう』というようなニーズに応えるサービスです。


「契約書の添削サービス」の注意点

(1)すでに合意が成立してる契約内容について、当事者の代理人として契約書を作成するサービスについては、別途報酬が発生いたします。本サービスは、あくまで「添削」に限ります。

(2)添削結果に基づき、修正の必要性が生じた場合であっても、修正案の書面提示等は行いません。また、契約の一方当事者のために、契約の締結交渉において法律上有益なアドバイスをするものではありません。

(3)契約内容やヒアリング結果によっては、関連法規により「行政書士」にて対応ができない場合や、正当な理由がある場合に業務の依頼をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

(4)印紙税をはじめ、税務上の判断については回答いたしかねます。なお、別報酬にて税理士のご紹介は可能となりますので、その旨お伝えください。


サービス料金(報酬)について(別途、消費税がかかります)

(Word標準書式にて)A4用紙2ページまで … 30,000円

            以後1ページ追加ごとに  5,000円 加算

 

※特殊な内容の契約の場合は、別途費用が発生する場合がございます。その場合は、事前に必ずご連絡させて頂きます。

※契約内容について「交渉」を有する場合は、弁護士をご紹介させて頂きます。契約書の添削及び作成サービスは、あくまで行政書士法に定める範囲内でのみ対応させて頂きます。詳しくはお問い合わせください。

※行政書士法人エベレストへご来社いただけないお客様であり、かつ、当事務所と始めてのお取引のお客様につきましては、「前払い」でお願いしております。

※名古屋市内のお客様については、弁護士、社会保険労務士、司法書士等と合同契約による「コンプライアンス顧問契約」を別途提供しております。相談する機会が多いお客様は顧問契約を締結いただいたほうが低報酬となる場合がございますので、ご検討ください。

 

お問い合わせ

◇お電話 … 052-212-8848

◇メール … お問い合わせ(mail)


 ⇒ 契約書添削のご相談予約フォーム


遠隔地からのご相談(契約書の写しを郵送+お電話でヒアリング)も可能です。その場合は、別途ご案内させて頂きますので、お電話(☎052-212-8848)にてご連絡ください。



■HOME■サービス内容と料金>契約書の添削

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る