■HOME■サービス内容と料金>特殊車両通行許可申請支援サービス

特殊車両通行許可申請支援サービス

特殊な車両とは?

「特殊は車両」とは、車両の構造が特殊である車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、幅、長さ、高さ及び総重量のいずれかの一般的制限値を超えたり、橋、高架の道路、トンネル等で総重量、高さのいずれかの制限値を超える車両をいいます(道路法第47条の2)。

 

<一般的制限値(最高限度)>

◆幅        2.5メートル

◆長さ      12.0メートル

◆高さ       3.8メートル(但し、高さ指定道路は4.1メートル)

◆重さ 総重量  20.0トン

        (但し、高速自動車国道、重さ指定道路は軸距、長さに応じ最大25.0トン)

    軸重   10.0トン

    隣接軸距 ○隣り合う車軸の軸距が1.8メートル未満   18.0トン

        (但し、隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上、かつ隣り合う車軸の軸重が         いずれも9.5トン以下のときは19トン)

         ○隣り合う車軸の軸居が1.8メートル以上   20.0トン

    輪荷重   5.0トン

◆最小回転半径  12.0メートル

 

特殊な車両を通行させる際には、道路管理者の許可が必要!

上記に該当する「特殊な車両」を通行させようとするときには、通行しようとする道路の道路管理者に申請し、許可を得なければなりません(道路法第47条の2第1項)。許可なく又は許可条件に違反して特殊な車両を通行させた者、または道路管理員の命令に違反した者などに対しては、最高6カ月以下の懲役または100万円以下の罰金が定められています。運送業者の場合等、事業主体である法人または事業主も同じように科されるうえ、平成25年3月からは「違反者の名称や違反内容等を公表」されるようになったため、違反しないようにしっかりと許可を得ることが必要です。


通行許可申請は「オンライン申請」が便利!

「特殊車両通行許可申請」については、書面で申請する方法とオンラインで申請する方法の2つの方法がありますが、「オンライン申請」の場合、次のようなメリットがあります。


①個別審査がない場合は大幅に審査時間が短縮

②窓口へ出向く必要はなく、職場や自宅での申請が可能

過去の申請情報の再利用が可能

④パソコン画面上で通行経路の指定が可能

⑤事前に通行条件の確認が可能

⑥自動車の車検証の写しの添付が不要


なお、デメリットといえば、システムをダウンロードする必要があったり、そのための通信環境が必要になるといった点です(行政側もオンライン申請を推奨しています)。


特殊車両通行許可の申請は、「行政書士」でも敬遠するほど煩雑

上記のとおり、オンライン申請もあり、許可申請は簡単なようですが、経験者であればご存知の通り、「行政書士」でも敬遠されがちなとても煩雑な手続きになります。特殊車両通行許可が下りた場合に認められる通行期間は最大2年ですが、2年ごとに手続きをしようとすると、システムや道路状況ががらりと変わることもあるため、また一から覚えなおさないといけなくなります。

また、許可期間が過ぎてしまわないように「期限管理」も必要になるため、自力で行おうとすると、担当者の負担は膨大でしょう。


特殊車両通行許可申請支援サービスの流れ


① 初回お問い合わせ(ヒヤリング)  ※無料

        ▼

② お見積もりを書面で提示(郵送)  ※無料

        ▼

③ 算定(※1)結果の報告      ※調査料が必要(=着手金)

  ※1…ご指定頂いた通行経路で許可が取れるか否か、どういう条件がつくかの試算

        ▼

④ 申請書作成、必要書類(委任状)の受領

        ▼ 

⑤ 申請完了時点で「到達確認シート」を納品

        ▼          ※審査に2週間~2ヶ月かかります。

⑥ 許可が降りたら、許可証の引き換えと同時に許可証データを納品させて頂きます。


サービス料金について(新規の場合)

特殊車両通行許可のサービス料金については、通行したい経路や通行させる車両によって大きく異なります。下記はあくまで参考になりますので、お見積もりをご依頼くださいますようにお願いいたします(消費税は別途発生致します)。

 

<ご依頼前のサービス>

◆相談料         無料

◆見積もり料       無料

◆調査料(算定)  30,000円

 

<正式ご依頼後>

◆基本報酬     70,000円

◆通行したい経路数  5,000円(1片道あたり)

◆通行させたい台数  5,000円(1台あたり)

◆諸元表の取得代行  1,000円(1台あたり)

 

※更新許可申請や変更申請の場合は、別途ご相談下さい。

※未収録地図の作成が必要な場合や、車両旋回図が必要な場合は、 別途費用が発生します。

※連結車の場合は、トラクタとトレーターをセットで1台と換算しております。

※道路法適用外道路(港湾道路等)についても対応可能です。別途費用が発生します。

※産業廃棄物の収集運搬や運送業に関する許認可についても合わせてご相談承ります。


お問い合わせはこちら

◇お電話の場合 ⇒ ☎052-212-8848

◇メールの場合 ⇒ お問合わせ(mail)


■HOME■サービス内容と料金>特殊車両通行許可申請支援サービス

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る