■HOME■業務内容と行政書士報酬>遺言の執行(支援)

【遺言執行(支援)サービス】

遺言執行(いごんしっこう)とは?

遺言執行(いごんしっこう)とは、有効な遺言内容に従い、財産の承継を実現することを言います。「遺言執行者(いごんしっこうしゃ)」が遺言において指定されている場合と、指定されていない場合があり、前者の場合は後者に比べて相続の手続きがスムーズに進むことが多いです。

 

サービスご利用の流れ

(手順①)

まずは、遺言執行が必要となる遺言書をお持ちの上、行政書士法人エベレストまでお越し頂く必要がございます。ご相談日時を決めるため、当事務所「☎052-212-8848」までお電話又はお問合わせ(mail)からご連絡ください。

※お客様のお住まいが愛知県内であれば、日当7000円(交通費込み、消費税別)にてご自宅又はお客様のご希望の場所(但し、ご自宅近くに限ります)まで出張相談させて頂くことも可能です。愛知県外にお住まいの場合で、出張(相続・遺言)相談をご希望のは、個別にご相談ください。

 

(手順②)

初回90分の相談(無料)において、遺言執行に必要な手続きの流れ、ご依頼を頂いた場合の費用をお見積りさせて頂きます。

※原則として相談時にお見積もりが可能ですが、遺言の内容や書類の取得状況によっては、お見積もり作成までに数日かかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※不動産の相続による名義変更(司法書士報酬)や相続税の申告(税理士報酬)についても代理で見積もり取得することが可能です。お気軽にお申し付けください。

 

(手順③)

お見積りにご納得頂き、名古屋の行政書士法人エベレストへご依頼を頂いた場合、遺言執行(サービス)の開始となります。早ければ1カ月、遅くとも10ヶ月ほどで遺言執行が完了することが多いです。

※相続人(又は受遺者)に対して遺留分減殺請求権者から遺留分減殺請求の行使があった場合においては、速やかに相続に強い弁護士をご紹介させていただくことも可能です。 

※お見積りのうち、20%を着手金としてご請求させて頂きます。この費用は、最終的なお見積り金額に充当されるため、遺言執行完了時に残りの80%をご請求させていただきます。

 

(手順④)

遺言執行がすべて完了した後、完了書類を納品させていただきます。

相続税の申告があるケースでは、数年経過してから税務調査が入る場合もあり、納品させて頂いた相続に関する資料は大切に保管下さい。

 

サービス料金(報酬)について(別途、消費税がかかります)

※無料見積もりのご依頼はこちらから ⇒遺言執行お見積り依頼フォーム 

 

(1)遺言執行者が指定されており、行政書士法人エベレストが補助する場合

・基本料金   …      80,000円

 

(2)遺言執行者が指定されていない場合

・基本料金   …     150,000円

※家庭裁判所に申し立てることで、相続開始後に遺言執行者の選任も可能です。相続人多数の場合や遠方にいる場合等で、全員からの協力が得られにくい場合などに、行うことがあります。

 

(3)行政書士法人エベレストが遺言執行者となる場合

・基本料金(執行報酬) … 300,000円

 

【個別に係る費用】

・戸籍の収集  …        39,000円

・相続関係説明図の作成 …   9,000円

・(執行)財産目録作成 …  20,000円

・遺言執行通知送付 …    10,000円

・銀行手続き  …      30,000円/1行

・証券口座移管 …      30,000円/1社

・ゴルフorリゾート会員権 … 50,000円/1社

・かんぽ生命の保険金請求 … 50,000円/1契約

・電話加入権       … 10,000円/1本

・自動車名義変更     … 50,000円/1台

・農地法届け出(相続承継)… 30,000円/1管轄

・森林法届け出(相続承継)… 30,000円/1管轄

・未登記家屋の名義変更  … 20,000円/1管轄

 

【その他の専門家報酬】

・不動産の名義変更 … 司法書士事務所エベレストの報酬規定に依る

 (※別途登録免許税が発生致します。)

・相続税の申告報酬 … 提携の税理士の報酬規定に依る

   (※相続税の納税義務が発生する場合のみ必要となります。)

 

 

※自筆証書遺言(公正証書で作成されていないもの)については、封がしてあるか否かに関わらず、遺言を執行する前提として、家庭裁判所において「遺言の検認申立て」が必要となります。ご希望に応じて、担当の専門家(司法書士事務所エベレスト)をご紹介致します。

 

 

サービスご利用の際の注意点

(1)他の相続人の遺留分(※1)を侵害している遺言執行では、特に慎重な対応が求められます。遺言の内容に関して相続人間で紛争が明らかに予想される場合等、弁護士でなければ扱えない法律事件であると個別具体的に判断される場合は、当事務所にて対応致しかねますのであらかじめご了承ください。

※弁護士法第72条(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)に伴う取り扱いです。

(2)自筆証書遺言の内容が明らかに無効と思われる場合(氏名や日付などの形式的要件がない等)は、相続人全員による『遺産分割協議』にて進めることが必要となります。

(3)相続した不動産の売却等についてもご相談対応が可能です。一括して数社から不動産の査定及び売却仲介手数料のお見積りを取得することも可能ですので、お気軽にお申し付けください。

 

名古屋の行政書士法人エベレストへのお問い合わせ

◇お電話 … ☎052-212-8848

◇メール … お問合わせ(mail)


■HOME■業務内容と行政書士報酬>遺言の執行(支援)

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る