相続手続き「死亡届」~名古屋の行政書士法人が解説~

死亡届とは

死亡届とは、亡くなられた方の戸籍を抹消するための届出書類です。戸籍法第86条,第87条が根拠となっており、親族,同居者,家主,地主,家屋管理人,土地管理人等,後見人,保佐人,補助人,任意後見人が行うことになっています。

提出期限

亡くなられたの事実を知った日から7日以内(国外で死亡したときは,その事実を知った日から3か月以内)。ただし、死亡届が出てから埋・火葬許可証が出ますので、早急に届けてください。

提出先

亡くなられた方の死亡地・本籍地又は届出人の所在地の市役所,区役所又は町村役場

必要書類

死亡診断書又は死体検案書・1通

(届書用紙と一体となっています。市役所,区役所又は町村役場、病院で入手してください。
やむを得ない事由によって,これらの書面を得ることができないときは,届出先の市区町村にお問い合わせください。

提出方法

通常は、医師等が記入した死亡診断書または死体検案書(中央より右側)を死亡時に発行され、届出人が死亡届(中央より左側)に記入押印し、当該市区町村役場の戸籍係へ提出します。

注意点

コピーを取っておくとよい。

死亡診断書は死亡届と一緒に役所に提出してしまいます。後日保険金請求等のいろいろな手続きで故人の死亡を証明する為に必要となってきますので、コピーをして写しを何枚か用意しておきましょう。

葬儀業者が代行してくれる場合が多い。

慌ただしい中ご家族が役所に出向くのが困難なことも多いため、死亡届は葬儀業者の方が代行して手続きをされる場合が多いです。死亡届が出されると、埋火葬許可証が発行されます。ご葬儀がお済みになっていれば、死亡届の手続きは終了しています。

24時間365日受付可能

これは、婚姻届・出生届・認知届と同じく、相続による権利義務の承継に重大な影響を及ぼすためです。ただし実務上は夜間及び休日等は担当職員が不在である場合が多いため、通用口にいる警備員・守衛等に預ける形となります。

参考URL

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る