2016年

1月

09日

行政書士事務所を法人化した3つの理由

2016年1月4日「行政書士法人エベレスト」設立

2016年1月4日、名古屋法務局にて「行政書士法人エベレスト」の設立登記申請が受理され、晴れて「行政書士事務所エベレスト」の法人化を果たすことができました。独立開業から1年半になります。

「法人化」といいますのは、個人事業よりも組織の運営コストがかかり、その分高い経営スキルが求められることになります。また当然ながら、自分一人ではなく、行政書士が最低2名必要であり、永続的な活動をすることが社会からも求められることとなりました。

まずはこのような高いレベルの経営をさせていただけることとなりました行政書士の貝沼先生や取引先の皆様、これまでご依頼を下さったお客様に対し、心から御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

「行政書士法人」とは

法人化した理由をご紹介する前に、「行政書士法人」について簡単に説明したいと思います。

行政書士法人とは、行政書士法に基づいて認められた行政書士限定の会社であり、「法人」として株式会社同様に「権利の主体」になることができます。

個人事務所ではその所長である個人が死んだら、その事務所は従業員がいたとしても、即廃業となります。あくまでその人個人の事業だからです。この点、行政書士法人の場合は、法人自体が取引の主体であり、代表社員である行政書士個人が死亡しても、当然には法人が廃業にはならず、永続的に存続させることができます。

「行政書士法人」のメリットデメリット

日本行政書士会連合会の広報資料によりますと、平成25年度当初における行政書士法人の数は、全国で250社弱だそうです。行政書士登録者数が約43000人であることと比べると、全体の0.5%とまだまだ「行政書士法人」は数えられるほどしかないことが伺えます。

そんな希少な「行政書士法人」ですが、法人化にはメリット•デメリットがあります。いくつかご紹介致します。
【法人化のメリット】
⑴永続性(信用)
法人としての永続性がアピールできるため、中堅企業や大手企業との取引がしやすくなります。
⑵支店設置
法人になれば、「支店」として複数の事務所(※それぞれの支店に置いて常勤の行政書士が必須)が設置でき、地域に密着しつつ市場を拡大させることができます。
⑶手厚い社会保険
個人事業では国民年金ですが、行政書士法人であれば経営者も厚生年金に加入することができます。老後の年金収入額が大幅に増えることとなります。
【法人化のデメリット】
⑴組織運営コストの増加
社会保険への加入義務が生じるため、こういった社会保障費が増大します。また一般的な税理士との顧問契約でも、個事業と異なり顧問料が上がることが想定されます。
⑵意思決定スピードが鈍化
役員が2人以上となるため、意思決定は独断ではなく、合議が必要となります。
他にも考えられるメリット•デメリットはいくつかございますが、概ね上記かと思います。

行政書士事務所エベレストが法人化を選択した3つの理由

さて、ここからが本題です。名古屋の行政書士事務所エベレストが法人化した理由ですが、下記の3点です。

①お客様満足の追求(永続性の確保)

行政書士業務は短い業務処理時間のものでも、1週間程度、相続手続きや土地利用業務では、半年以上案件処理に時間を費やすことがあります。もちろん、受託してから最後の納品の時まで、同一の担当者が責任をもって担当させていただきますが、人間である以上、いつ何が起こるかはわかりません。このような「不測の事態」が生じた場合であっても、ご依頼をくださっているお客様にご迷惑をかけてしまっては、プロとして失格ではないか、と考えています。個人事務所では委任契約関係が消滅し、他の行政書士と再契約を結ばなくてはなりませんが、行政書士法人であれば、もう一人の行政書士がそのまま業務を引き継ぐことができるのです。

また、新規で取得した許認可の「5年後の更新」時であっても、個人事務所よりも、行政書士法人の方が存続している可能性が高く、お客様と長い取引が見込めるという利点があります。

 

②お客様満足の追求(支店設置によるアクセスの良さ)

個人事務所では、「1人1事務所」という決まりがあり、事務所を2か所設けることができません。一方で、遠方からのお客様のご要望にお応えするケースでは、「遠くまで事務所に訪問しないといけないのは大変」「来てもらえるのはありがたいけど、交通費実費がかかってしまう」というご不満は少なからずあり、「できれば近いところに事務所があったほうが安心できる」というお客様が多いのが現状です。これらのご不満を解決すべく、行政書士法人エベレストでは、複数支店設置ができる「法人化」を選択したのです。将来的には、1県1事務所など、アクセスが格段に良くなるかもしれません。今後の行政書士法人エベレストにご期待ください。

 

③お客様満足の追求(優秀な人材募集による品質の確保)

今回の行政書士事務所の法人化で一番の決定要因は、こちらの理由になります。

行政書士法人エベレストでは、お客様満足の追求のため、「専門性の高さ」すなわち提供サービスが「高品質」であることを第一に目指しています。そのためには、優秀な人材の確保が必要不可欠と考えています。このような人材の確保という観点からも、個人事務所より会社組織である「法人」に優秀な人材が集まりやすい傾向があると考え、法人化の選択をいたしました。

 

すべては経営理念である「お客様満足」のため

これからも『行政書士法人エベレスト』をよろしくお願いいたします!

 

 

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る