■HOME■行政書士法人の概要>社会貢献活動(いじめの解決支援)

社会貢献活動について

悪質化する近年の「いじめ」問題

近年、twitterやLINEなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やスマートフォンの普及により、学校内における「いじめ」問題は悪質化の一途を辿っています。精神的に未発達の子どもは、想像力が乏しく、社会性の成長過程にあるために、精神の未熟さ故に残酷な側面があります。いくら道徳教育をしたところで、子どもだけでの解決を期待するのは難しく、担任教師をはじめ、周囲の大人たちがしっかりと解決を図っていく必要があると考えています。

 

※私は、大学時代に臨床心理学を専攻(※心理学部出身)していたこともあり、児童心理についても少し勉強したことがあります。一人の人間として、このような社会背景を非常に危惧していたところ、『行政書士として独立した際は積極的にいじめ問題に取り組んで行こう』とずっと心に留めておりました。

 

名古屋の行政書士法人エベレストができること

名古屋の行政書士法人エベレストでは、就学児童(小学校)や生徒(中学・高校)の間で頻繁に発生し、毎年のように悪質化している「いじめ」問題について、極めて大きな社会問題であるとの認識のもと、その個別のいじめ案件の解決サポートを行っております。

 

具体的な対応としては、「いじめ」の状況について異なりますが、例として下記のような対応が可能です。

 

(1)学校側が全く対応してくれない(隠ぺいされる)事案

⇒事実関係を把握したうえで、学校側(教育委員会や担任教師個人)に対して「陳情書」や具体的な「要望書」を提出します。なおも学校側の対応が不十分だと感じる場合は、弁護士との連携により、学校側の責任を問うケースもあります。

 

(2)度を超えた明らかな人権侵害がある事案

⇒法務省には、人権擁護機関が設置されております。下記リンクの通り救済措置も定められていますが、いじめ(人権侵害)を受けているご家族の方々だけではなかなか迅速な対応をしてもらえるか不安もあるため、専門家として同行し、対応を強く求めます。 ※リンク:人権侵害の被害を受けた方へ(法務省HP)

 

(3)傷害事件や自殺ほう助など、刑法に触れるほど悪質な事案

⇒捜査機関に対して傷害事件等として「告発状」を提出します。緊密な弁護士との連携により、刑罰事件として対応します。

 

(4)対人関係に悩んでいて、気分が憂うつな事案

⇒スクールカウンセラー経験が豊富な臨床心理士を手配します。学校ではない第三者のカウンセラーであることも一つのポイントです。また、場合によっては「転校」という手段もあります。その「転校」の前後に伴う心理的な負担を少しでも和らげるべく専門家である臨床心理士にて心理的なケアを行います。

 

 

お問い合わせ先

お電話の他、メールからのご相談も受け付けております。※行政書士には法律で課せられた厳しい守秘義務があります。
 

☎︎052-212-8848

nomura.everest2014@gmail.com
 

■HOME■行政書士法人の概要>社会貢献活動(いじめの解決支援)

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る