■HOME■行政書士法人の概要>行政書士プロフィール

代表社員(野村篤司)プロフィール

略歴(学歴→職歴)

行政書士 野村篤司
行政書士 野村篤司

昭和61年生まれ。名古屋市昭和区出身、吹上幼稚園→吹上小学校→北山中学校→中京大学附属中京高校→中京大学心理学部卒業。大学では「臨床心理学」を専攻し、「法と心理の協働」を探求。精神面でサポートするためのカウンセリング技法について学ぶ傍ら、現実的なサポートのできる「法律」にも関心を持ち、大学2年時(19歳)に行政書士(国家資格)試験、大学3年時(20歳)に宅地建物取引主任者(国家資格)試験に合格。

 

大学卒業後、名南コンサルティングネットワーク(司法書士法人名南経営)に新卒入社。入社後にも、行政書士業務だけではなく、より見識を広げるために2級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)の資格を取得。これらの資格取得時に得た幅広い知識を活かし、『遺言・相続業務』に丸3年間専念。その後、高齢者法務に関連する新規ビジネスの立ち上げのため、名古屋から東京に拠点を移し、任意後見業務や死後事務委任業務や法人営業、新サービス開発などに約1年従事。

 

豊富な(※独立時点で個人として累計500件以上)の遺言作成・相続手続き相談・遺産整理受任実績を活かし、「行政書士業務におけるお客様満足の追求」を胸に、2014年7月4日に名古屋市中区錦にて「行政書士事務所エベレスト」として独立開業(27歳7ヶ月)。関連事業への参入のため、2015年5月29日に株式会社エベレストコンサルティング設立。2016年1月5日には個人の行政書士事務所を「法人化」し、代表社員就任。

 

得意な業務・好きな業務

個人事務所が圧倒的多数の行政書士業界において、創業当初から従業員を雇用し、ある程度の事業規模を基盤としつつ、特定の分野のみに知識と経験を偏らせることなく複数の業務に携わってきました。そのため、幅広い知識を必要とする「難解かつ高度な業務」ほど得意であると自負しています。そのためか、当法人では同じ行政書士や他士業(税理士・司法書士・社会保険労務士・弁護士等)のご紹介が多いのが特徴です。

 

【おまけ】趣味の「登山」でも活動的な実績を積む

観光庁主催の若者旅行を応援する取組表彰にて『奨励賞』を受賞!
観光庁主催の若者旅行を応援する取組表彰にて『奨励賞』を受賞!

社会人になってからは「登山」に熱中し、登山サークル『山頂café~ビギナーのための登山サークル~』(2012年3月3日設立)の創立者(現代表者)として、「登山文化の発展及び継承」(⇒①安全登山の普及活動・②若者登山人口の増加・③森林保護・山小屋保全・地域観光支援)を掲げ、社会貢献活動として全国的に活動しています。

 

 さらに2014年秋にはサークルメンバーが全国780名(全国5支部、平均年齢29歳)を突破し、日本一の規模を誇る登山サークルにまで成長。NHK「おはよう日本」(2013年)、NHK「ほっとイブニング」(2014年)、NHK「クローズアップ現代」(2015年7月)、フジテレビ「とくダネ!」、日本テレビ「NEWS ZERO」等からの取材実績あり。観光庁主催『第2回 ~今しかできない旅がある~ 若者旅行を応援する取組表彰』「奨励賞」受賞。日本百名山全頂制覇に挑戦中(2018年12月31日時点で現在71峰登頂済み)

登る行政書士!「剱岳(長次郎雪渓ルート)」
登る行政書士!「剱岳(長次郎雪渓ルート)」

■HOME■行政書士法人の概要>行政書士プロフィール

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る