■HOME>行政書士法人の採用(求人)情報

【行政書士求人】行政書士法人エベレストの採用情報

勉強して得た「専門的知識」を「何のため」に使いますか?

この度は、「行政書士法人エベレスト」の採用ページをご覧頂き、誠にありがとうございます。今、このページを閲覧していらっしゃるあなたは、「行政書士事務所で働きたい」とお考えでいらっしゃることでしょう。既に行政書士資格をお持ちであるかもしれませんし、今はまだ勉強中かもしれません。

 

私はこれまで多数の「行政書士有資格者」との面接を行ってきましたが、ほとんどの求職者の方が「専門的知識を活かしたい!」と答えられます。専門的知識を習得するのは簡単ではないですから、そう考えるのも当然でしょう。ところが「その専門知識を何のために活かすか?」という私の問いに対して、明確に即答できた方はあまりいません。

 

我々は慈善事業ではなく、民間の営利組織ですから、売上(利益)を追求するために、専門知識を活用することは否定しません。実際のところ、利益がなければ、良いサービスも提供できませんし、会社はつぶれてしまいます。教科書通りの答えでは、株式会社でしたら(経営理念のことはさておき)「株主の利益」のために日々業務を行うでしょうし、公務員であれば「住民のため」、「国民のため」の奉仕と答える人が多いでしょう(建前はさておき、本音は「自分の生活ため」と心の中で答えても、まぁ良いでしょう)。

 

それでは、「行政書士法人エベレスト」はいかがでしょうか?行政書士法に定める「国民の利益」に資するためというのも一つの答えですが、当社では、

 

「社会的課題の専門的解決」

 

を一つのキーワードに捉え、いかに社会問題を自社が開発提供するサービスで解決できるのかを考えて日々業務を行っています。あなたの中に、解決したい社会的課題(少子高齢化、自殺率の高止まりなど、枚挙に暇がありません)はございませんか?ピンと来るものがある方は、ぜひ行政書士法人エベレストへの求人へご応募ください。ご縁があり、共に社会的課題の解決、すなわち「ソーシャルビジネス」が共にできれば幸いです。

 

(代表社員 野村 篤司)

 

エベレストグループの採用方針(求める人物)について

次の採用基準に1つでも該当しない方は、当社求人へ応募をご遠慮下さい。

□(1)『勉強好き』

→専門職である「士業」が「専門性」を高めることは「当たり前」のことです。このごく当たり前のことができなくては、士業法人を母体とするコンサルティングファーム「エベレストグループ」においてビジネスはできません。しかし専門職だからといって、その分野だけ詳しくなればいいというわけでもありません。お客様満足に最大限に応えるために、周辺知識についても積極的に知識を習得させていく努力が必要です。そもそも勉強が嫌いという方は「論外」ですが、「自分の専門分野だけを勉強していたい」という方はエベレストグループには不向きと考えられます。

 

□(2)『営業好き』

→昨今、「事務職だから士業事務所を志望した」という申込者が多々見受けられます。積極的に「事務」の仕事のプロフェッショナルを目指すならまだしも、単に「営業がしたくないから」というネガティブな方も多いです。理由を聞くと、営業はノルマがきつい、しんどいというイメージや経験があるようです。このようなイメージの通り、「営業活動」が、サービス提供者の自己本位な押し売りであってはなりません。それは社員もお客様も不幸になります。エベレストグループが提供するのは「お客様が欲しいサービス」であって、創意工夫を凝らした良い「あるべき理想のサービス」を追求しています。そのため、これらのサービスをさらにブラッシュアップしながら、より多くの方に提供することがエベレストグループの社会的責務ですので、「営業活動」はすなわち「社会貢献」であるとの認識でどんどんサービスを広められる方を採用しています。

 

□(3)『お客様満足を追求できる人』

→「国家資格」自体は無価値であり、専門的サービスの提供者として、『顧客満足』に200%応えられなければ、社会的な存在価値はないに等しいです。お客様が求めるものは、「資格者」ではなく、お困りごと等をスムーズに解決に導いてくれる人、すなわち「満足に応えてくれる人」なのです。エベレストグループのライバルは、大手士業法人ではなく、「オリエンタルランド(※ディズニーリゾートの運営会社)」なのだと思ってください。「またサービスを利用したい」「困ったらまた相談したい」という既存顧客(リピーター)を重視した品質の高いサービスを提供していくことができる人が求められます。

 

□(4)『相対的価値よりも絶対的価値を追求できる人』

→「他社と比較して安い」「他社と比較して早い」等の相対的なものではなく、「エベレストグループだからお願いしたい」と言われる組織を目指し、他社とは比較できない「絶対的な価値」を創造することがエベレストグループの社会的使命です。常にお客様満足の「追究」が必要です。

 

□(5)『「お客様の利益」が「自分の利益」であると考えられる人(自利利他の精神)』

→自分の利益しか考えていない人、とりわけ自分が直接に提供できるサービスのみしか提供しない人は必要ありません。例えば、お客様のことを最優先に考え、たとえ直接的に自社(自分)の利益にならなくても、他社が提供するサービス等をご案内できる人が求められます。

 

□(6)『「仕事」を最優先にせず、「家族」の幸せを第一に考えられる人』

→「家族」なくして「仕事」はできません。本末転倒にならぬよう、「家族」の幸せを第一に考える人とでなければ、「お客様の幸せ」なんてしっかりと考えることはできません。家族の幸せのためには、自身の健康にもしっかりと気を使わなくてはなりませんので、残業ばかりで不健康な働き方しかできず、「体調管理」ができない方は不採用となります。

 

□(7)『チャレンジできる人』

→チャレンジなくして、失敗はありません。失敗なくして成長はありません。チャレンジできない人は、成長が鈍い人です。ただ「チャレンジ」と「博打」は違いますので、しっかりとした「計画性」が大事です。慎重かつ大胆な発想ができる人が求められます。「士業」の法定業務だけを最低限のレベルでこなしているだけの方は不採用となり、新たなサービスの開発や改善に前向きな方を採用致します。「サービス業」として当たり前ですね。

 

□(8)『むやみに否定しない人』(プラス思考)

→世の中には、何事でも「否定」ばかりする人が見受けられます。否定から生まれるものは多くありません。思考が停止状態に陥ってしまっている人も多いです。一見、違和感を覚えることでも、一旦肯定的に捉えることで、新たな発想が得られるものです。もちろん、うまくいかない現状があれば「否定」を受け入れる柔軟さも必要です。

 

□(9)「お客様」の概念に、「同僚」や「取引先」も含めて考えられる人

→エベレストグループの経営理念を表す「お客様満足の最高峰を目指す」というキャッチフレーズにおける「お客様」には、直接的に売り上げをもたらしてくれる顧客以外に、同僚や取引先も含まれます。そのため、他社と一緒に事業に取り組んだりする際は、自社のみの利益を考えてはいけません。また他の従業員の方であっても迷惑をかけず、一人一人がその満足に応えていかなければなりません。稀に「自責の念で考えろ」という経営者がいますが、それ自体が「他責」となります。しっかりと周囲の方々に感謝し、自らに原因を求めて改善・成長していける方を求めています。

 

□(10)日本最大規模の士業系コンサルティンググループを共に目指したい人

→エベレストグループは顧客満足に最大限に応え、社会に最も必要とされる士業系コンサルティンググループになろうと日々試行錯誤しています。当グループが成長することは、それだけ品質の高いサービスを享受することができる人が増え、人々の幸せに繋がるからです。つまり、少しでも多くの人々を幸せにするために、エベレストグループは成長拡大していかなければなりません(決してお金持ちになりたいからとか、名声が欲しいからといった理由ではありません)。そのために、惜しみなく協力していただける仲間を募集しています。

 

【行政書士法人エベレスト採用(求人)情報/募集要項】

「行政書士資格」を行政書士法人エベレストで活かしませんか?

「就職活動対策として「行政書士」の資格を取ったけど、新卒採用や就職活動でまったく役に立たない」と感じていませんか?

 

確かに、「行政書士」資格は一般の民間会社からすれば、特に採用メリットに感じないかもしれません。むしろ「肩書ばかり気にする人」と、時にはマイナスに働くこともあるでしょう。

しかしながら、行政書士法人エベレストでは、「行政書士有資格者」を優遇して採用しています。

これは、「国家資格」は運転免許のようなものであると考えているからです。当たり前ですが、運転免許がないと、車を運転することができません。行政書士業務においても、行政書士試験を突破するくらいの最低限の法的素養の証明である資格がなければ、お客様満足に十分に応えることはできないと考えています。

 

「行政書士資格」を名古屋の行政書士法人エベレストで今こそ、最大限に活用してみませんか?

 

応募する前に!できるだけ多くの「行政書士法人」を見てください!

行政書士有資格者であれば一度は耳にしたことがあると思いますが、「行政書士の求人はとても少ない」と言われています。しかし、「お金をかけてまで行政書士の募集活動はしていないけど、良い行政書士有資格者がいればすぐにでも採用したい」という行政書士法人(行政書士事務所)は、実はとても多いのです。

 

行政書士法人エベレストもその一つですが、求人に応募される皆様にお願いしたいのは、「より多くの行政書士法人(行政書士事務所)」とコンタクトをとってみて、ということです。

 

一般的に「企業研究」と言われるものですが、「これが本当に同じ行政書士という職業なの?!」というぐらいにそれぞれの行政書士業務の内容や仕事の取り方、進め方が異なります。私がそうだったように、行政書士資格を獲得したばかりの方であれば、きっとその多様性に驚くことでしょう。

 

そのうえで、行政書士法人エベレストのような、(『業務特化型』ではない)『総合型』の行政書士法人に魅力を感じていただければ幸いです。

 

行政書士募集要項(求人の詳細)

正社員(※行政書士有資格者又は登録者限定)

業務内容:

総合職(新規販路開拓営業、新サービス開発、各種許認可の申請代行をはじめとする総合的な行政書士業務を行う職種)

※自ら営業活動を行い、主体的に行動できる方を想定しています。

※現在、一般職の正社員は募集しておりません。

学 歴 : 大学卒業以上
年 齢 : 不問(22歳~)
応 募資 格 :

行政書士有資格者(又は登録者)であって、次のいずれかに該当する方。 

 

①行政書士、司法書士事務所又は法律事務所において3年以上の勤務経験がある方

②司法書士試験又は司法試験受験経験を有し、司法書士試験午前の部及び午後の部において28問以上正解できる程度の法的知識があると考えられる方

 

当行政書士法人では、単なる「行政書士試験合格者」では選考対象となりかねます。これは、行政書士試験の内容・レベルと行政書士実務の乖離が激しく、単なる試験合格者では全くの未経験者を採用することと変わらないと判断しているためです。

 

経 験 :

応募要件を満たす方であれば、行政書士業務の経験の有無は不問です。なお、行政書士又は司法書士事務所ないしは会計事務所において、「継続して」3年以上の勤続経験がある方を優遇します。

給 与 :

大卒初任給 基本給19万円~(※2年目以降売上実績に応じた業績賞与あり)

※実績:2016年6月入社(26歳女性の場合)

     → 基本給 約252万円+残業手当約60万円 (一般職)

   :2014年7月入社(29歳男性の場合)

     → 基本給 約300万円+営業手当約230万円(総合職)

       ※自己の営業による獲得売上が年間1500万円程度の実例

昇 給 : 年1回(但し、営業成績がノルマ未達成の場合は、昇給しないことがあります。)
社会保険: 法令通り加入(厚生年金・健康保険・雇用保険・労災保険) ※就業規則あり
業務時間:

週40時間(フレックス制を導入しています)

※土日祝においてもお客様からの都合に合わせて出勤となることが多々あります(その場合は平日にて振替休日となります)。

勤務地 :

①行政書士法人エベレスト 名古屋錦事務所

(名古屋市中区錦二丁目15番19号 アゼット錦ビル2階)

②行政書士法人エベレスト 安城駅前事務所

(愛知県安城市御幸本町7番26号)

のいずれかになります。

試用期間: 6ヶ月  ※6か月内における適正を判断し、行政書士実務試験を実施します。

応募方法:


まずはお問い合わせ(mail)からご連絡ください。

 

《採用活動の流れ》

(1)『履歴書』及び『事業計画書』の提出

※それぞれの様式、文量は自由です。文章力を含め、すべて選考対象とします。

(2)1次面接 ※人柄等やコミュニケーション能力を検査します。

(3)口頭試験 ※法的思考力、法律知識(企業法務・遺言相続)を検査します。

(4)最終面接 ※就業方法等についての確認を行います。

(5)採用通知 ※対面にて交付します。

 

⇒履歴書受領から1~2カ月程度の選考期間(採用は通年)です。

 

ポイント:

(1)将来的に「支店」として独立開業を目指すこともでき、神奈川事務所が第1

号の実績になっています(原則勤続10年。社内独立制度)。

(2)事業の継続に必要不可欠な「営業」活動に積極的な行政書士法人であり、セミナーの主催も多いため、営業に自信がない、営業がしたくない、人前で話すのが苦手という場合は、求人申込みをご遠慮ください。自ら仕事を獲得していきたいという積極的な人材を求めています。

(3)『お客様満足の“最高峰”を目指す』ことが当行政書士法人の経営理念です。共感できる方のみ、求人募集へお申し込みください。

 

 

臨時職員(アルバイト又はパート)

業務内容:

行政書士補助業務(電話応対、総務、経理、行政官庁への書類の提出、セミナー運営の補助、会員管理業務など)

学 歴 : 高校卒業以上
年 齢 : 不問(18歳~)
資 格 : 不問
経 験 : 不問(但し、経験者優遇)
給 与 :

時給950円(最大1200円)

昇 給 : 年1回
業務時間:

 月曜~木曜 10時~16時(実働5時間)

※週休3日制です。

勤務地 :

行政書士法人エベレスト 名古屋錦事務所 

※他の支店での本職種採用は行っておりません。

試用期間: 6ヶ月

応募方法:

まずはお問い合わせ(mail)からご連絡ください。
ポイント:

(1)兼業や副業を可としています。

(2)子育てや家庭との両立を応援しています。

(3)勤続3年で正社員登用制度もあります。

※行政書士事務所の事業承継について

名古屋の行政書士法人エベレストでは、『行政書士事務所の事業承継』を承っております。後継者がおらず、取引先企業に迷惑をかけたくない場合、若い行政書士に引き継いでほしいという先生方がいらっしゃれば、お気軽にご相談ください。

なお、事業の承継に際しては、最短でも1年程度の事業承継期間をもうけさせて頂いております。

 

■HOME>行政書士法人の採用(求人)情報

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る