· 

特定技能支援機関?いえ、「登録支援機関」です

【特定技能】新しい外国人材の受け入れ制度、2019年4月よりスタート!

いよいよ改正入管法が施行され、入国管理局は「出入国在留管理庁」へと格上げされました。職員も増員されるとのことですので、いかに日本に外国籍の方が増えているかがわかりますね。

さて、制度開始に伴い、行政書士法人エベレストへのご相談も具体化して参りました。現在はまだ特定技能ビザの相談よりも、「登録支援機関」の相談が多いですね。内容は主に「当社は要件を満たしますか?」という要件に関するものが多い印象です。

相談者については派遣会社や技能実習制度に基づく監理団体が多いです。

さて、表題の通り、「特定技能支援機関について、相談したいんですが、、」という問合せが多いです。

正確には「登録支援機関」ですが、確かに「特定技能支援機関」の方が意味合いとしてはしっくりきますね。笑

「1号特定技能外国人の方を支援したい!」というお客様が増えることは大変いいことだと思います。当社も登録支援機関制度がうまく機能することが、本制度の成功の鍵だと考えております。

特定技能支援機関と間違えたって全く問題ありません。間違っていても専門家は気にしないですので、お気軽にご相談ください。

☆下記に特定技能ビザ・登録支援機関に関する専門サイトを開設しております。


ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る