カテゴリ:コロナ補助金


【介護慰労金】新型コロナウイルス感染症に関連した支援策の1つ「介護慰労金(最大20万円)」について、その支給方法や支給手続きについて行政書士法人エベレストがまとめてました。
【テレワーク補助金】新型コロナウイルス感染症の蔓延防止として「ステイホーム」が求められておりますが、「テレワーク」を実現するために、「設備投資」が必要な場合があります。そのような設備投資に際して活用できる「補助金」や「助成金」制度を調べてまとめました。全国で活用できる制度に加え、東京都で活用できる制度をまとめています。なお、厚生労働省が管轄の「助成金」は社会保険労務士へ、それ以外の市区町村等へ申請する「補助金」は行政書士へご相談ください。
【持続化給付金と持続化補助金】新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主向けの支援策として、代表的なものに「持続化給付金」があります。これに似ている制度で「(通称)持続化補助金」というものがあります。これらの違いについてまとめるとともに、両者を活用すべきについて説明致しました。なお、「持続化給付金」は令和2年5月1日に申請受付が始まりました。「持続化補助金」については、年に何回かの受付がありますが、「新型コロナ特別枠」も登場しました。
【テナント賃料の補助制度】神戸市では、4月24日に「テナント賃料」に関する新たな支援策を発表しました。新型コロナウイルス感染症で大きな打撃を受ける事業者が全国的に多数いらっしゃいますが、中でも事業者がテナントオーナーに支払う「テナント賃料」については、「支援が行き届いていない部分」として、多くの要望がありました。与党自民党議員からも支援案が出されるなど、政府与党内でも検討の動きがありますが、神戸市がいち早く支援に乗り出した形です。今後、他の市区町村においても、同様の支援が広がることが期待できます。事業者の方は「持続化給付金」についても、ご検討ください。
ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る