カテゴリ:家賃支援給付金


【売上台帳の書き方(雛形テンプレート・見本あり)】家賃支援給付金や持続化給付金の申請手続きにおいて、必要書類のうち重要なものに「売上台帳」があります。会計ソフトを導入しておらず、顧問の税理士も契約していない場合など、「売上台帳」がきちんと整備されていない事業者も少なからずいらっしゃいます。本ブログでは、そのような方で家賃支援給付金や持続化給付金の申請が出来ない方のために「売上台帳のひな形(テンプレート)・見本」として売上台帳Excelシート及び売上台帳Wordデータを見本を基に作成し、書き方を含めて無料公開しました。このひな形(参考様式)をパソコン(PC)でダウンロードして「売上台帳」として入力する必要がありますが、各自ご自由にこのテンプレートをお使いください。なお、「売上台帳」は手書きでも家賃支援給付金も持続化給付金の申請が可能ですので、白紙での印刷も可能です。ご自由にダウンロードしてご活用ください(無料)。
【家賃支援給付金/郵送申請】令和2年7月14日より申請受付がスタートしましたが、郵送申請や窓口申請はできるのでしょうか?申請サポート会場とは?行政書士法人エベレストが家賃支援給付金について解説致します。
【創業特例】家賃支援給付金(新型コロナウイルス感染症/経済産業省)について、2019年5月以降に開業・起業された方の「創業特例」について紹介しています。
【家賃支援給付金】家賃支援給付金に関して、当法人に寄せられるお問合せ・質問をまとめてみました。記載する情報以外については、家賃支援給付金コールセンターへご連絡ください。
家賃支援給付金と持続化給付金の違いについて、比較表を作成してまとめてみました。新しい制度の理解に繋げて頂ければ幸いです。行政書士法人エベレストへお気軽にお問合せ下さい。
【事業用・店舗用不動産賃貸借契約書】口頭契約のみで賃貸借契約書の書面は作っていないという方のために、不動産賃貸借契約書(事業用・店舗用)のひな形を行政書士法人エベレストにて作成しました。編集が可能な「Word」形式にて公開しておりますので、ご自由にダウンロードしてお使いください。なお、家賃支援給付金の申請においては、契約書を作成することなく、「賃貸借契約書等証明書」のご用意で足ります。
【家賃支援給付金はいつから申請できる?】新型コロナウイルス感染症の拡⼤を契機とした自粛要請等によって売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減することを目的として、テナント事業者に対して「家賃支援給付金」が支給されます。令和2年度第2次補正予算は成立しましたが、具体的にはいつから家賃支援給付金の申請が開始となるのでしょうか?行政書士法人エベレストが、最新情報(令和2年7月上旬頃から申請開始予定)を踏まえて、解説致します。
ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る