【GoToキャンペーン事業】いつから始まる?日本国内旅行に対する1人あたり最大2万円(/泊)を補助!【観光庁】

もうすぐ始まる!?「GoToキャンペーン事業」とは?

「GoToキャンペーン事業」とは、(まずは、感染防止を徹底し、雇用の維持と事業の継続を最優先に取り組むとともに、)今回の感染症の流行収束後において、甚大な影響を受けている観光・運輸業、飲食業、イベント・エンターテイメント業などを対象とし、期間を限定した官民一体型の需要喚起キャンペーンです。観光庁(国土交通省)が主管しており、令和2年度補正予算の成立で実施が決まりました。「GoToキャンペーン事業」は、具体的には「4つの事業」に分類されます。以下の資料をご覧ください。

いつから始まる?GoToキャンペーン事業について(観光庁予算関連資料より)
いつから始まる?GoToキャンペーン事業について(観光庁予算関連資料より)

「Go Toトラベルキャンペーン」について

「Go To トラベルキャンペーン」の制度概要

GoToトラベル事業の概要①
GoToトラベル事業の概要①

「GoToキャンペーン事業」のうち、最も補助額が多く、関心が高いのが「Go Toトラベルキャンペーン」です。これは、キャンペーン期間中の旅行商品を購入した消費者に対し、代金の1/2相当分のクーポン等(宿泊割引・クーポン等に加え、地域産品・飲食・施設などの利用クーポン等を含む)を付与(最大一人あたり2万円分/泊)するという需要喚起キャンペーンです。本ブログ執筆現在では、公募詳細は発表されていませんが、「1泊あたり」の上限が2万円とされているので、例えば家族4人が1泊4万円の高級旅館やホテルに3泊した場合、

 

「1泊40,000円 × 家族4名 × 3泊 = 480,000円」× 2分の1

 

=「240,000円」相当の補助(割引等)

 

が得られる制度となります。なお、お土産等に使用するクーポンを含んでの上限2万円(/泊・人)とされているため、全額が宿泊割引に使えるわけではない点に注意が必要です。内訳としては、宿泊・旅行代金に7割程度、旅行先で使える地域共通クーポンを3割程度とされています。なお、7月10日(金)に、以下の詳細資料が観光庁から公表されましたので、是非ご一読下さい。

 

※観光庁リンク先はこちら→https://www.mlit.go.jp/kankocho/page01_000637.html

 

GoToトラベル事業
GoToトラベル事業
GoToトラベル事業.pdf
PDFファイル 1.9 MB

地域共通クーポンについて(GoToトラベルキャンペーン:3割)

地域共通クーポンについて(GoToトラベルキャンペーン)
地域共通クーポンについて(GoToトラベルキャンペーン)

旅行後に割引分の還付を申請する場合の流れについて

GoToトラベル事業の流れ(旅行後に申請する場合の流れ)
GoToトラベル事業の流れ(旅行後に申請する場合の流れ)

「GoToTravelキャンペーン」はいつから始まるの?

令和2年7月10日(金)に、「令和2年7月22日から一部実施」ということが決まりました。当初、新型コロナウイルス感染症の「収束した後」の政策とされていたために、「早すぎるのではないか?」という声も少なくないようです。

「GoToトラベルキャンペーン」の実施期間は?いつからいつまで?

「GoToトラベルキャンペーン」の実施期間については、キャンペーン開始後「6か月間」が予定されています。そのため7月22日からスタートした場合は「令和3年1月22日まで」の6か月間となります。但し、22日時点では「一部の実施」に過ぎないため、終了時期についてはもう少し先になる可能性があります。

「Go To トラベルキャンペーン」の注意点

「GoTo トラベルキャンペーン」の注意点は、「国内居住者の国内旅行に限られる」という点です。つまり、海外旅行商品は対象外ということです。また、地域共通クーポンは、「加盟店のみ」で使用が可能なため、全ての飲食店等で使用できるわけではない点にも注意が必要です。その他、対象となる旅行商品については、以下をご確認ください。

 

割引対象となる旅行商品(宿泊旅行)
割引対象となる旅行商品(宿泊旅行)
割引対象となる旅行商品(日帰旅行)
割引対象となる旅行商品(日帰旅行)

「Go To Eat キャンペーン」について

「Go To Eat キャンペーン」の制度概要

「GoToEatキャンペーン」事業とは、旅行業者等経由で、オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイント等を付与(最大一人あたり1000円分)したり、登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等)を発行するというものです。上記の「GoToTravelキャンペーン」との併用もできるようですので、さらにお得に国内旅行ができるでしょう。なお、飲食店事業者にとっては、制度設計上、オンライン飲食予約サイト等の「登録手続き」が必要になることが予想されるため、制度が始まり次第、速やかに登録手続きを行いましょう!

 

「Go To Eatキャンペーン」はいつから始まる?

「GoTo Eatキャンペーン」の利用開始時期については、本ブログ執筆時点ではまだ確定していませんが、早ければ7月下旬開始できるように準備を進めているとの情報があります。実施時期が確定次第、本ブログ記事内でご案内致します。

 

「Go To Eatキャンペーン」の実施期間は?

現時点では、「GoToTravelキャンペーン」の実施期間と同様に、キャンペーン開始後「6か月間」が予定されています。例えば、8月1日からスタートした場合は「令和3年1月末まで」の6か月間となります。

 

「Go To Eat キャンペーン」の注意点

「GoTo Eatキャンペーン」の注意点は、旅行業者等やオンライン飲食予約サイト経由での飲食店を予約・来店した消費者が対象になるという点です。また、「プレミアム付き食事券(2割相当分の割引等)」の利用にあたっては、「登録飲食店」のみが対象である点も注意が必要です。

 

※専用サイト等の詳細が明らかになりましたら、本ブログ記事内でもご紹介予定です。

 

「Go To Eventキャンペーン」について

「Go To Eventキャンペーン」の制度概要

「Go To Eventキャンペーン」とは、チケット会社経由で、期間中のイベント・エンターテイメントのチケットを購入した消費者に対し、割引・クーポン等を付与(2割相当分)される需要促進策です。例えば、劇団四季や音楽イベントなどのチケットが2割相当安く買えるということになります。

 

「Go To Eventキャンペーン」はいつから始まる?

「Go To Eventキャンペーン」の開始時期については、本ブログ執筆段階で情報がないため、確定次第、本ブログ記事内でご案内させて頂きます。なお、他のキャンペーン開始時期とそれほどズレが生じることはないと想定されるため、やはりお盆休みの開始となる「8月8日(土)」までには開始するのではないかと推測しています。

 

「Go To Eventキャンペーン」の実施期間は?

Go To Eventキャンペーン」の実施期間についても、他のキャンペーン同様に、キャンペーン開始後「6か月間」が予定されています。例えば、8月1日からスタートした場合は「令和3年1月末まで」の6か月間となります。詳細が確定次第、本ブログ記事内でもご紹介致します。

 

「Go To Eventキャンペーン」の注意点

「Go To Eventキャンペーン」の注意点は、チケット会社経由での購入が必要と言う点です。チケット販売代理店の支援策でもあり、また手続きの簡便さを図る措置と想定されます。

 

「Go To 商店街 キャンペーン」について

「Go To 商店街 キャンペーン」の制度概要

「GoTo商店街キャンペーン」とは、商店街等によるキャンペーン期間中のイベント開催、プロモーション、観光商品開発等の実施の支援策です。新型コロナウイルス感染症の影響で、人々が県外外出(遠出)を避けた結果、地元の商店街が賑わってきているという報道等もありましたが、日ごろから商店街等でお買い物をされる方にとっては、経済的な優遇が得られるかもしれませんね。本キャンペーンは、商店街ごとに取り組みが異なると予想されるため、詳細については本ブログで説明を省略致します。

 

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る