【東京都港区の行政書士】東京都港区に行政書士法人エベレストの従たる事務所を設置します!

2019年9月1日~東京都港区芝浦四丁目に新事務所開設!

2019年9月1日~より、現在の「行政書士法人エベレスト 静岡駅前事務所」(所長:佐野哲郎)を東京都港区芝浦四丁目へ移転し、「行政書士法人エベレスト 東京品川事務所」(所長:同)として新たにスタート致します!詳しい所在や、電話番号などについては、日本行政書士連合会の手続きが完了次第、お知らせいたします。

 

東京都港区の行政書士法人エベレスト東京品川事務所(2019年8月27日撮影)
東京都港区の行政書士法人エベレスト東京品川事務所(2019年8月27日撮影)

行政書士法人エベレスト東京品川事務所の所在はこちら(東京都港区芝浦四丁目2-22 東京ベイビュウ1004号 ☎03-3454-8848)

なぜ「東京都港区」を選んだか(行政書士法人エベレスト東京品川事務所)

なぜ「東京都港区」を選んだのかですが、「港区」というブランドは多少意識しましたが、「JR品川駅から徒歩圏」ということで事務所探しを行いました。実際には、徒歩30分ほどなので、最寄り駅は「田町駅」又は「泉岳寺駅」となります。「JR山手線」上の駅は非常に利便性が高く、良い場所を選んでよかったなと実感しております。長野県や山梨県、神奈川県や千葉県からもアクセスが良く、行政書士法人エベレストがより多くの個人や法人にとっての「最も身近な行政書士法人」になれるのではないかと期待しています。

 

新たに使用人行政書士を2名雇用、東京品川事務所でも「英語対応」へ!

これまで、行政書士法人エベレスト名古屋駅事務所では中国語対応、行政書士法人エベレスト安城駅前事務所では英語及び韓国語対応を行っておりましたが、行政書士法人エベレスト東京品川事務所においては「英語対応」可能な体制を整えました。また自社雇用スタッフの出張により、中国語と韓国語の通訳も可能です(自社雇用従業員のため、原則として手数料不要)。グローバルな体制を整えることで、より多くのお客様満足に応えていけたら幸甚です。

 

「社会保険労務士事務所エベレスト」も併設し、人事労務ニーズにも対応!

新しく設置する東京都港区の「行政書士法人エベレスト東京品川事務所」では、「社会保険労務士事務所エベレスト」も併設(※もちろん合同事務所設置届出を提出、守秘義務を徹底)し、人事労務や年金、就業規則等に関する需要にもお応えいたします。担当社会保険労務士は、もちろん英語対応可能。外資系企業の就業規則作成ニーズや、海外に帰国した勤労者の「脱退一時金」の請求業務にも対応致します。

 

外国人就労・就業規則作成・脱退一時金請求に詳しい東京都港区の社会保険労務士事務所エベレスト
外国人就労・就業規則作成・脱退一時金請求に詳しい東京都港区の社会保険労務士事務所エベレスト

「大阪事務所」「名古屋駅事務所」と併せて、「三大都市圏対応」が可能!

日本国内にある「行政書士法人」の中で、従たる事務所を設置する行政書士法人は全国でたったの「325社」しか存在しません(2019年6月末日現在、日本行政書士連合会発行「日本行政」より確認)。この中で、さらに①三大都市圏に行政書士法人の事務所を設置、②英語・中国語・韓国語に対応可能、③特定の業務を限定しない総合的な対応が可能、これらを全て満たす行政書士法人は、実は全国でも数えられるほどしか存在しません。全国に複数拠点を持つ大手企業からのご依頼や広域にわたる業務についても、東京都港区の行政書士法人エベレストへお任せ下さい!

 

行政書士法人エベレスト東京品川事務所へのお問合せはこちら

 

(東京都港区)03-3454-8848

 

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る