【家賃支援給付金】不動産賃貸借契約書(事業用・店舗用)のひな形(参考様式・作成例)について【Word版ダウンロード可能!】

「家賃支援給付金」の申請手続きについて

「家賃支援給付金」制度の概要や申請手続きについて

「家賃支援給付金」の申請手続きに必要な「不動産賃貸借契約書」

賃貸借契約書が存在していない場合は、「賃貸借契約書等証明書」を提出!

家賃支援給付金の申請に際して、「不動産賃貸借契約書」が必要であることが原則ですが、契約関係にはあるものの書面としては作成しておらず存在していない場合、「賃貸借契約書等証明書」を作成して提出することで、家賃支援給付金の申請を行うことが可能です(※申請要領別冊)。

 

建物賃貸借契約書(事業用・店舗用)の「ひな形」について

家賃支援給付金の申請手続きにおいては、その制度趣旨から、店舗賃料を支払っている事業者であることを証明するために、原則として「不動産賃貸借契約書の写し」の添付が必要とされています。事業者向けの支援措置であり、家賃に対する補助制度であるため、当然と言えます。ところが、古くから継続して借りている場合など、賃料支払い実績は明確であっても、契約書は存在しないケースもあります。そのような場合において、これを機に「不動産賃貸借契約を締結したい」という事業者様のご要望を踏まえまして、「不動産賃貸借契約のひな形(事業用・店舗用)」を作成してみました。あくまで家賃支援給付金の申請手続きを想定しているため、「民法改正前(2020年4月1日以前)」の賃貸借規定を想定しております。

 

※その他、あくまで「ひな形」ですので、個別事情に併せて当事者間において適宜変更してご使用ください。当法人では、いかなる責任も負いかねます。

※「家賃支援給付金の申請のために作成が必要」というわけではありません。家賃支援給付金の申請のためだけであれば、「賃貸借契約等証明書」をご用意頂ければ足ります。

 

Word版(ダウンロード可能)

【家賃支援給付金】建物賃貸借契約(事業用・店舗用)ひな形
【家賃支援給付金】建物賃貸借契約(事業用・店舗用)ひな形
【家賃支援給付金】建物賃貸借契約書(事業所・店舗用)※民法改正前.docx
Microsoft Word 20.0 KB

民法改正についてはこちら

賃貸借契約に関するルールの見直し(民法改正)
賃貸借契約に関するルールの見直し(民法改正)
001289628.pdf
PDFファイル 1.9 MB

!!ご注意ください!!

①行政書士法人エベレストでは、当該「家賃支援給付金」「持続化給付金」などの新型コロナウイルス感染症に関する各種支援策の情報提供のみを行っております。個々の申請手続きの代行や相談対応等は一切行っておりません。上記の建物賃貸借契約書のひな形に関する質問等についても回答を行っておりませんので、契約締結に関して支援を希望する場合は、お近くの不動産会社か弁護士等にご相談下さい。お電話いただいても回答いたしかねますので、予めご了承願います。

 

上記の「Wordデータ」の転載や二次利用(コピペして部分的に改変する等)については、事前の承諾がある場合を除き、固くお断りいたします。万が一、同業他社による違反が発覚した場合は、事実確認のうえ、直ちに法的措置を採らせて頂きます。

 

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る