【家賃支援給付金】いつから申請受付が開始される?【家賃補助/最大600万円】

家賃支援給付金のオンライン申請はいつから始まる?【7月14日受付開始予定!】

「家賃支援給付金」について

「家賃支援給付金」の制度概要に関しては、以下の「家賃支援給付金まとめ記事」に記載しています。上限金額や支給要件などは、以下のブログにてご参照ください。

 

【家賃補助】最大600万円!家賃支援給付金(テナント賃料の補助制度)の申請手続きは?必要書類(賃貸借契約書等)は?いつから支給が始まる?【新型コロナ感染症】

 

「家賃支援給付金」の申請受け付け開始は、いつから始まる?

「家賃支援給付金のまとめ記事」でも記載しましたが、

7月14日(火)から家賃支援給付金の申請受付が開始予定となりました。なお、家賃支援給付金の申請には、立証資料として「賃貸借契約書」が必要とされていますので、もしそういった書類が作成されていない又はきちんと保管されていない人は、今の段階できちんと準備しておくとよいでしょう。

 

「家賃支援給付金」を7月14日(火)に申請出来た場合、いつ給付される?

同じ経済産業省管轄の「持続化給付金」よりも審査には時間がかかるとされており、オンライン申請に添付する書類等に不備が無かったとしても、概ね3週間~1か月程度」で支給されると予想されます。申請が混み合ったり、不備があったり、例外的な申請内容で合ったりする場合は、持続化給付金と同様に、さらに長くなることが予想されます。それでは死活問題だという方は、他の支援制度(新型コロナウイルス感染症特別貸付等)を活用することが推奨されています。

 

※家賃支援給付金の要件を満たす人は、概ね「持続化給付金」についても要件を満たす可能性が高いです。そのため、法人であれば「最大200万円」が支給されるはずであ国土交通省も当初はこの「持続化給付金」をもってテナント事業者に対する家賃支援としていました。

 

!!ご注意ください!!

行政書士法人エベレストでは、当該「家賃支援給付金」に関する「情報提供のみ」を行っており、当該「家賃支援給付金」に関する様々なご相談や申請代行、支援先のご紹介等は一切行っておりません。また、不動産の賃貸借契約書作成も同様に支援を行っておりません。そのため、当法人にお問い合わせ頂きましても、何もお応えすることが出来ず、お互いに無駄な時間が発生してしまいます。「電話すれば何か教えてもらえるかも」と思ってくださる方の期待に添えずに大変恐縮ではございますが、ご理解頂きますよう、よろしくお願いいたします。

 

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る