カテゴリ:10万円給付


【名古屋市独自支援】1事業者10万円の定額給付!「ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策事業継続応援金」について行政書士法人エベレストがご紹介いたします。申請受付は6月中旬予定です。対象事業者の方は、忘れずにご申請ください。
【10万円給付金】名古屋市にお住いの方への10万円給付金(特別定額給付金)の郵送申請はいつからはじまる?名古屋市のホームページを参考に、行政書士法人エベレストがまとめてみました。名古屋市では、10万円給付金(特別定額給付金)のオンライン申請(マイナンバーカードが必須)が令和2年5月9日から始まっています。郵送申請も5月25日から順次発送が始まりました。愛知県名古屋市千種区、愛知県名古屋市東区、愛知県名古屋市北区、愛知県名古屋市西区、愛知県名古屋市中村区、愛知県名古屋市中区、愛知県名古屋市昭和区、愛知県名古屋市瑞穂区、愛知県名古屋市熱田区、愛知県名古屋市中川区、愛知県名古屋市港区、愛知県名古屋市南区、愛知県名古屋市守山区、愛知県名古屋市緑区、愛知県名古屋市名東区、愛知県名古屋市天白区における10万円給付の申請受付情報についてまとめています。
【10万円給付】安城市にお住いの方への10万円給付(特別定額給付金)はいつからはじまる?郵送申請は、令和2年5月20日から発送が開始され受付が始まりました。愛知県安城市のホームページを参考に、10万円給付(特別定額給付金)の申請受付開始時期や申請期限について行政書士法人エベレスト(安城駅前事務所)がまとめてみました。
【10万円給付】刈谷市にお住いの方への10万円給付(特別定額給付金)はいつからはじまる?刈谷市のホームページを参考に、行政書士法人エベレストがまとめてみました。
【10万円給付】豊川市にお住いの方への10万円給付(特別定額給付金)はいつからはじまる?豊川市のホームページを参考に、行政書士法人エベレストがまとめてみました。
【DV被害者申出/居住地での特別定額給付金の支給方法】「10万円給付」の支給に関連し、配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により「基準日」である4月27日以前に現在住んでいる市区町村に住民票を移すことができない方についての特別措置が決まりました。事前申出期間は2020年4月24日(金)~30日(木)となっております。申し出がない限り、原則通り世帯主に振り込まれてしまうため、該当者は手続きを急ぐ必要があります。行政書士法人エベレストが新型コロナウイルス感染症支援情報としてまとめました。
【10万円給付金】特別定額給付金(10万円給付)の申請受け付けが早いところで5月1日(金)から始まりました。「10万円」の給付金をもらうためには、「マイナンバーカード」が必ず必要なのでしょうか?オンライン申請や郵送申請、どちらが申請手続きをしやすいのでしょうか?行政手続きの専門家である行政書士法人エベレストが解説致します。特別定額給付金(10万円給付)に関する詐欺(マイナンバー関連含む)に気を付けましょう!!
【10万円給付金はいつから?】特別定額給付金(一律10万円給付)の支給が令和2年4月20日に閣議決定され、「10万円給付金」の申請手続きの詳細が総務省より発表されました。行政書士法人エベレストでは、持続化給付金と合わせて、特別定額給付金(10万円給付)についても制度のご紹介をおこなっております。10万円給付金の申請期限は「郵送申請の受付開始から3か月以内」とされており、期限内に申請を行わないと給付される権利があっても給付されません。そのため、必要な人が必要な給付を得られるように、「知らなかった」という人が発生しないように情報提供をして参ります。たかが10万円、されど10万円です。4人家族では合計40万円もの給付金となります。3か月はあっという間ですので、なるべく早く忘れないうちに申請するようにしましょう。また4月24日には、「配偶者からの暴力(DV)を理由とした避難事例の取扱い」が発表されましたので、記事の更新を行いました。なお、オンライン申請を行わないのであればマイナンバーカード及び通知カードは不要ですが、オンライン申請を行うのであれば、マイナンバーカードは必須となります。
【10万円給付】小牧市にお住いの方への10万円給付(特別定額給付金)はいつからはじまる?小牧市のホームページを参考に、特別定額給付金の申請開始時期や申請期限について、行政書士法人エベレストがまとめてみました。
【注意喚起】特別定額給付金(10万円給付)の「申請代行(又は代理申請)」を謳う詐欺が発生しているようです。このようなサービス(支援)は、「行政書士」が行う場合以外は、「詐欺」又は(有料の場合は特に)「行政書士法違反」の可能性があります。このような被害にあわないように、予めご注意ください!新型コロナウイルス感染症に関連した様々な詐欺についても同様にご注意ください。

さらに表示する

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る