■HOME>■行政書士料金(報酬)一覧

行政書士料金(報酬)について ※消費税・実費は別途

報酬基準改定日:2020年10月1日(見積日基準)

ご依頼を検討中のお客様へ(行政書士報酬表のご案内)

一般的注意事項

(1)行政書士報酬表については、行政書士法第10条の2に定める報酬掲示義務に基づいて作成をしております。実際のお見積りは、個々の案件内容及びお客様のご依頼内容、申請までに要する期限等により増減致しますが、行政書士法人エベレストでは、必ず事前に書面での見積もり提示を行っております。

 

(2)ホームページ記載の金額及びお電話での口頭見積りは正式な見積もりではございません。なお、書面又は電子データでご提示させて頂いた見積もり額と請求額が異なることは、新たな業務が追加となった場合以外は一切ありません。またそのような場合でも、見積もり額と異なる費用が明らかになった段階で事前に書面にて提示を行っておりますので、安心して、ご相談・ご依頼くださいませ。

 

(3)業務内容によっては、「着手金」が必要となります。概ね30~50%を予定しております。また当法人が定める着手金」につきましては、着手に至るまでの法令調査・手続き調査等に関する既対応業務に対する対価となりますので、原則として返金致しかねます。

 

(4)業務処理対応中に、当該報酬表の増減があった場合でも、事前提示させて頂く「見積書」が基準となります。ご安心ください。

 

(5)下記報酬表以外の業務については、個別にお問合せ下さい。なお、記載されている業務であっても、当法人の受託状況によっては、お客様が希望する納期をお約束出来ない可能性があるため受託致しかねる場合がございます。予めご了承ください。

 

日当交通費について

①日当費用については申請先となる官公庁役場への申請(提出)及び受領の際に、移動距離や移動に要する時間(最寄りの事務所からの往復)を考慮して1日あたり最低5,000円~最高20,000円の間で発生致します。

 

②宿泊費については原則発生致しません。発生する場合は見積りいたします。

 

③交通費については公共交通機関における最適なルートにて計算した「実費」金額にて、行政書士報酬とは別にご請求となります。

 

在留資格(ビザ)申請取次・帰化許可関連業務(行政書士報酬)

①帰化許可申請(1名) 

簡易帰化 150,000円

普通帰化 200,000円

 ※家族の同時申請加算(2名以降)

 ※自営業・会社経営者加算

 (1名につき)75,000円

        50,000円

②在留資格認定証明書交付申請(1名)

 ※在留資格「特定技能ビザ」「経営管理ビザ」を除く

就労系  100,000円~

身分系  130,000円~

③在留資格変更許可申請(1名)

 ※在留資格「特定技能ビザ」「経営管理ビザ」を除く

就労系   80,000円~

身分系  110,000円~

④資格外活動許可申請(包括許可 ※週28時間以内)  10,000円

⑤在留期間更新許可申請(在留期限の延長許可申請)

 ※事情変更=転職や離婚等の届出義務がある場合

 60,000円(事情変更なし)

100,000円(事情変更1回)

⑥就労資格証明書交付申請(転職後の企業規模による)

 70,000円~

⑦永住許可申請(1名) 

200,000円~

 ※家族の同時申請加算(2名以降)

 ※自営業・会社経営者加算

(1名につき)75,000円

       50,000円

⑧在留特別許可申請

個別にお問合せ下さい

⑨事業計画書の作成加算(カテゴリ3・4の場合)

 50,000円~

⑩資料提出通知書に対する回答書対応

 ※通知書の内容により対応不可の場合があります。

 80,000円~

⑪不許可・不交付決定後の再申請の場合(難度加算)

+50,000円~

⑫資料提出通知書対応

 10,000円/回

 

※「翻訳(対象言語→日本語)」が必要な場合、別途翻訳代が発生致します。英語・韓国語・中国語は原則1枚あたり税別5000円、その他は外注となるため事前に個別見積もりになります。なお、申請者様ご自身にて翻訳頂ける場合は、翻訳代は不要となります。

※受け取りの際は、申請取次日当として「税別5,000円/回」が必要です。

※在留資格申請取次業務については、個別の案件ごとで難易度に大きな差があるため、必要に応じて難易度加算(税別3万円~)がなされます。必ず書面での見積りをご提示しますので、上記金額は参考としてお考え下さい。

※「資料提出通知書対応のみ」「理由書の作成のみ」「提出代行のみ」のご依頼は、本来の申請内容について真偽がわからないため、原則としてお断りしております。

 

公正証書遺言等作成支援業務(行政書士報酬)

①【基本】公正証書遺言の作成支援(※証人2名含む) 120,000円
            (※夫婦同時作成の場合) +50,000円

②【任意】推定相続人調査及び親族関係説明図作成

 48,000円
     +法定相続証明情報の取得代行 + 5,000円
③【任意】財産目録作成(残高証明書取得代行を除く)  30,000円 ~
④【任意】任意後見契約締結支援

 60,000円(将来型)

 90,000円(移行型)

⑤【任意】尊厳死宣言公正証書・死後事務委任契約

各50,000円

 

※遺言書の作成依頼につきましては、必ずご本人からの依頼が必要です。ご親族からの「お問合せ」は承りますが、ご依頼の際は必ずご本人様と事前に面談させて頂き、必要に応じて医師の診断書をお願いする場合がございます。予めご了承くださいませ。

 

(係争性のない場合に限り)相続・遺産整理業務(行政書士報酬)

相続税の申告(税理士)や不動産の名義変更(司法書士)など相続手続きのことなら、相続シェルパ®名古屋
相続税の申告(税理士)や不動産の名義変更(司法書士)など相続手続きのことなら、相続シェルパ®名古屋

※相続手続き業務(係争性がないもの)は専門サイト「相続シェルパ®名古屋」をご確認下さい。当グループの税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士にてワンストップ相続手続きサービスを提供しています。

 

土地利用(農地転用・開発許可等)の許認可業務(行政書士報酬)

①農地転用許可(第3条) ※譲受人が「個人」の場合 150,000円~
     〃       ※譲受人が「法人」の場合 200,000円~
②農地転用許可(第4条・第5条) 100,000円~
③「非農地(現況)証明願い」の申請代行  50,000円~
④農地転用の届出(※市街化区域内の場合)  35,000円~
⑤土地改良区除外申請(1改良区につき)  50,000円~
⑥道路(公共用物)占用許可・道路使用許可申請(※付随申請) 各50,000円~
⑦建築許可申請(第43条)※各行政庁の開発審査会基準により変動 200,000円~
⑧開発行為許可申請(第29条) 300,000円~
⑨農業振興地域内の農用地区域除外申請(青地→白地) 250,000円~
⑩道路承認工事許可申請  50,000円~
⑪その他の申請(各種条例手続きや隣接地承諾の取得代行等) 個別にお問合せ下さい

営業に関する許認可業務(行政書士報酬)

①一般貨物自動車運送事業新規認可申請(運輸開始届含む)

 ※車両の緑ナンバーへの変更手続きは別途ご相談ください。

 ※営業所と車庫が離れる場合は、現地調査が2か所に及ぶ

  場合は5万円加算。

 ※利用運送も併せて申請する場合は、3万円加算。

 ※各種試験・講習への申込手続き代行は各1万円加算。

 ※愛知県以外の営業所・車庫が存する場合は5万円加算。

450,000円~

古物商営業許可申請(個人の場合)

   同上     (法人の場合)

40,000円~

60,000円~

③建設業許可申請(新規・知事許可・一般・資格保有あり 108,000円
   同上   (新規・知事許可・一般・実務経験のみ 198,000円
   同上   (更新・知事許可・一般)  78,000円

④登録支援機関の登録申請(在留資格「特定技能」制度)

150,000円(新規)

 80,000円(更新)

⑤その他の営業系許認可

個別にお問合せ下さい

その他の業務に関する行政書士報酬

多数の業務を取り扱っております。個別にお問合せ下さい。原則無料でお見積り致します。

 

■HOME>■行政書士料金(報酬)一覧

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る