【曜日別陽性者数/愛知県】曜日別カレンダーで愛知県内のコロナ陽性者確認数が比較できるように新型コロナウイルス感染症の陽性者数をまとめています。なお公表時における数値のため、事後の訂正が反映されていない場合があります。なお、愛知県コロナカレンダーでは「週別」の集計数についても追加しました。愛知県以外の他の都道府県別の状況については各自治体ホームページにてご確認くださいませ。
【曜日別陽性者数/東京都】曜日別コロナカレンダーでコロナ陽性者数が比較できるように新型コロナウイルス感染症の東京都内陽性者確認数をまとめています。なお公表時における数値のため、事後の訂正が反映されていない場合があります。コロナカレンダーでは「週別」についてもまとめるようにしました。また、東京都以外の他の都道府県別の状況については各自治体ホームページにてご確認くださいませ。
【GoToキャンペーン事業】令和2年度補正予算の成立で実施が決まった「GoToキャンペーン事業」ですが、いつから始まるのでしょうか?官公庁からの情報等を基に、制度概要と開始時期をご案内致します。なお、「GoToキャンペーン事業」とは、①Go To Travel キャンペーン、②Go To Eat キャンペーン、③Go To Event キャンペーン、④Go To 商店街 キャンペーン、⑤一体的なキャンペーンの周知の総称です。このうち、①GoToトラベル事業は、一部が7月22日からスタートすることが決まりました。
【売上台帳の書き方(雛形テンプレート・見本あり)】家賃支援給付金や持続化給付金の申請手続きにおいて、必要書類のうち重要なものに「売上台帳」があります。会計ソフトを導入しておらず、顧問の税理士も契約していない場合など、「売上台帳」がきちんと整備されていない事業者も少なからずいらっしゃいます。本ブログでは、そのような方で家賃支援給付金や持続化給付金の申請が出来ない方のために「売上台帳のひな形(テンプレート)・見本」として売上台帳Excelシート及び売上台帳Wordデータを見本を基に作成し、書き方を含めて無料公開しました。このひな形(参考様式)をパソコン(PC)でダウンロードして「売上台帳」として入力する必要がありますが、各自ご自由にこのテンプレートをお使いください。なお、「売上台帳」は手書きでも家賃支援給付金も持続化給付金の申請が可能ですので、白紙での印刷も可能です。ご自由にダウンロードしてご活用ください(無料)。
【持続化給付金】白色申告を行っている個人事業主の方の持続化給付金の申請手続きについて、必要書類や給付金額の計算方法について、行政書士法人エベレストが解説致します。青色申告とは異なり、月ごとの売り上げが確認できないため、年間平均を比較対象とすることがポイントです。
【慰労金】医療従事者・介護従事者に対して、慰労金(最大20万円)が支給されます(※令和2年度第二次補正予算成立が条件)。医療や介護の現場では新型コロナウイルス感染症へ罹患する危険性が高く、治療やその準備に負担が増大していることへの配慮として「慰労金」が支給されることとなりました。その支給申請方法・申請手続きについて、行政書士法人エベレストが解説致します。なお各都道府県ごとに手続きが異なりますのでご注意ください。
【介護慰労金】新型コロナウイルス感染症に関連した支援策の1つ「介護慰労金(最大20万円)」について、その支給方法や支給手続きについて行政書士法人エベレストがまとめてました。
【家賃補助/家賃支援給付金】新型コロナウイルス感染症に関連する経済支援策として、テナントの事業継続のための家賃補助制度「特別家賃支援給付金(法人最大600万円/個人最大300万円)」の手続き概要(申請方法等)についてご紹介致します。最新情報(令和2年7月18日更新!)を基に、本ブログにて行政書士法人エベレストが解説致します。テナント賃料(家賃)の減免や支払い猶予等、家賃負担軽減に関する取り組みと併せて、当該制度についてもご活用ください。日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の制度を使った資金繰りも重要です。また「単月50%減」を満たす場合は、「持続化給付金」も忘れずにご活用下さい。休業要請等に従った方は各地方公共団体で同種の家賃補助の規定があるかもしれませんので、市区町村長のホームページ等での家賃補助制度の有無についても要確認です。
【家賃支援給付金/郵送申請】令和2年7月14日より申請受付がスタートしましたが、郵送申請や窓口申請はできるのでしょうか?申請サポート会場とは?行政書士法人エベレストが家賃支援給付金について解説致します。
【創業特例】家賃支援給付金(新型コロナウイルス感染症/経済産業省)について、2019年5月以降に開業・起業された方の「創業特例」について紹介しています。

さらに表示する

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る