【家賃支援給付金】家賃支援給付金に関して、当法人に寄せられるお問合せ・質問をまとめてみました。記載する情報以外については、家賃支援給付金コールセンターへご連絡ください。
家賃支援給付金と持続化給付金の違いについて、比較表を作成してまとめてみました。新しい制度の理解に繋げて頂ければ幸いです。行政書士法人エベレストへお気軽にお問合せ下さい。
【家賃補助/家賃支援給付金】新型コロナウイルス感染症に関連する経済支援策として、テナントの事業継続のための家賃補助制度「特別家賃支援給付金(法人最大600万円/個人最大300万円)」の手続き概要(申請方法等)についてご紹介致します。詳細はまだ確定しておりませんが、最新情報を基に、本ブログにて行政書士法人エベレストが解説致します。テナント賃料(家賃)の減免や支払い猶予等、家賃負担軽減に関する取り組みと併せて、当該制度についてもご活用ください。日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の制度を使った資金繰りも重要です。また「単月50%減」を満たす場合は、「持続化給付金」も忘れずにご活用下さい。休業要請等に従った方は各地方公共団体で同種の家賃補助の規定があるかもしれませんので、市区町村長のホームページ等での家賃補助制度の有無についても要確認です。
経営関連知識 · 01日 7月 2020
行政書士として開業してから、令和2年7月1日で6周年を迎えました。この「6年間」での専業行政書士としての経営経験について学んだことを、自己の備忘を兼ねてまとめてみました。今よりさらに数年後には別の考えになっているかもしれませんが、これから行政書士として開業される方や開業して間もない方の参考になれば幸いです。
【家賃支援給付金】不動産賃貸借契約書について、口頭契約のみで書面は作っていないという方のために、不動産賃貸借契約書(事業用・店舗用)のひな形を行政書士法人エベレストにて作成しました。「Word」にて公開しておりますので、ご自由にお使いください。
【家賃支援給付金はいつから申請できる?】新型コロナウイルス感染症の拡⼤を契機とした自粛要請等によって売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減することを目的として、テナント事業者に対して「家賃支援給付金」が支給されます。令和2年度第2次補正予算は成立しましたが、具体的にはいつから家賃支援給付金の申請が開始となるのでしょうか?行政書士法人エベレストが、最新情報(令和2年7月上旬頃から申請開始予定)を踏まえて、解説致します。
【慰労金】医療従事者・介護従事者に対して、慰労金(最大20万円)が支給されます(※令和2年度第二次補正予算成立が条件)。医療や介護の現場では新型コロナウイルス感染症へ罹患する危険性が高く、治療やその準備に負担が増大していることへの配慮として「慰労金」が支給されることとなりました。その支給申請方法について、行政書士法人エベレストが解説致します。
【介護慰労金】新型コロナウイルス感染症に関連した支援策の1つ「介護慰労金(最大20万円)」について、行政書士法人エベレストがまとめてました。
【持続化給付金】白色申告を行っている個人事業主の方の持続化給付金の申請手続きについて、必要書類や給付金額の計算方法について、行政書士法人エベレストが解説致します。
持続化給付金の申請手続きにおいて、必要書類のうち重要なものに「売上台帳」があります。会計ソフトを導入しておらず、顧問の税理士も契約していない場合など、売上台帳がきちんと整備されていない事業者も少なからずいらっしゃいます。本ブログでは、そのような方で持続化給付金の申請が出来ない方のためにひな形(テンプレート)としてExcelシート及びWordデータを作成し、無料公開しました。パソコンでダウンロードして入力する必要がありますが、ご自由にお使いください。なお、売上台帳は手書きでも持続化給付金の申請が可能ですので、白紙印刷も可能です。ご自由にダウンロードください。

さらに表示する

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る