· 

【入管ビザ申請の電子化】在留申請手続のオンライン化がスタート!行政書士法人エベレストが解説!

【入管ビザ申請の電子化】在留申請手続きのオンライン化がスタート!
【入管ビザ申請の電子化】在留申請手続きのオンライン化がスタート!

在留申請手続きのオンラインがスタート!

表題の通り、「在留資格申請手続き」について、「オンライン申請」が認められることとなりました。関連記事については、下記リンク先でもご確認頂けます。

 

【出入国在留管理庁】在留申請手続のオンライン化がスタート!!

【法務省】在留資格手続のオンライン化について

 

【入管ビザ申請】オンライン化の背景は?

2018年6月に閣僚決定された「未来投資戦略2018」において,「外国人を適正に雇用し,また,外国人雇用状況届出等を履行している所属機関を対象に,外国人本人に代わって手続を行うことを可能とする在留資格手続上のオンライン申請を本年度から開始する」とされたことを踏まえ,法務省では,在留資格手続のオンライン化を検討してまいりました。

 そして,本年3月22日,改正出入国管理及び難民認定法施行規則を公布するとともに,本日,入国管理局ホームページに手続等に関する情報を掲載しました。
 また,本年3月29日,在留期間更新許可申請等をオンラインで行うための事前申込手続の受付を開始します。なお,オンラインにおける申請そのものの受付は本年7月中に開始する予定です。
(※上記リンク先から転載)
これまで、異様とも言えるほど混雑していましたので、申請取次資格を持つ行政書士としては大変ありがたい規則変更となります。

いつから受付開始?事前準備はいつからできる?

オンラインでの手続きを行うには、事前に「利用申出」をすることが必要となります。この利用申出の受付については、2019年3月29日(金)から受付が開始されます。会社所在地の最寄りの地方入国管理官署にて必要書類をご提出ください。無事に「承認」がなされると、メールにて利用のための「ID」が付与されることとなります。

 

なお、実際に「オンライン申請」が受理されるのは、「2019年7月25日(木)」からとされていますので、それまでの間に準備を進めると良いでしょう。

 

【入管ビザ申請】オンライン申請(電子化)のメリットは?

オンライン化には、以下のメリットがあります。

 

(1)窓口に出向く必要が無く、自宅やオフィスから手続き可能!

→これまでは混雑している3時間以上待つことも珍しくありませんでしたが、そういった待ち時間を経ることなく、申請できるようになるのは忙しいビジネスパーソンにとっても大変大きなメリットになりますね。

 

(2)利用料金は不要!

→持参の場合、現地までの交通費が必要でしたが、オンライン申請であれば、インターネットを用いる通信料のみで申請することが可能です。事前登録の手間はありますが、利用料が必要になることはありません。

 

(3)24時間利用可能!

→これまで持参する際は開庁時間である平日夕方16時までの間に持ち込むことが必要でした。当然、土曜日や日曜日、祝祭日については受付してもらえません。日中はお仕事や子育てで忙しい方にとってはとても不便でしたが、これもオンライン化によって改善されることとなります。

 

【入管ビザ申請】対象となる外国人の在留資格及び対象手続きは?

入管法別表第1の在留資格が対象ですが、「外交」「特定技能」「短期滞在」の3つについては除外されています(※制度開始時点)。利用可能な申請種別は以下のとおりです。

 

①在留期間更新許可申請

②再入国許可申請

③資格外活動許可申請

 

※②及び③の申請は,①と同時申請の場合に限られます。

※③の申請は,出入国管理及び難民認定法施行規則第19条第5項第1号に該当する場合に限られます。

 

詳しくは、下記の添付資料をご確認ください。

 

【入管ビザ申請の電子化】オンライン申請の対象範囲について(法務省資料)
【入管ビザ申請の電子化】オンライン申請の対象範囲について(法務省資料)
オンライン申請の対象範囲について(法務省資料).pdf
PDFファイル 101.3 KB

どんな人がオンラインで手続きできるの?対象となる利用者は?

【入管ビザ申請の電子化】利用申出の要件及び必要書類について
【入管ビザ申請の電子化】利用申出の要件及び必要書類について

その他オンライン申請に関してのよくある質問(Q&A)について

よくある質問(Q&A)について、法務省(出入国在留管理庁)にて下記ファイルにまとめてくださっているため、上記以外にご不明な点は次の添付ファイルをご確認ください。

 

【入管ビザ申請の電子化】オンライン申請についてよくある質問(Q&A)
【入管ビザ申請の電子化】オンライン申請についてよくある質問(Q&A)
【入管ビザ申請】よくある質問集(法務省資料).pdf
PDFファイル 222.5 KB

在留申請手続きのご相談・ご依頼は、行政書士法人エベレストへ!

ご相談予約 24時間365日対応可能
名古屋の行政書士ブログ
ページ先頭へ戻る